ブエノスアイレスの美味しいラーメン

全席カウンターの店内

全席カウンターの店内

ブエノスアイレスで美味しいラーメンが食べられるなんて、思ってもみませんでした。

パレルモハリウッドにある FUKURO NOODLE BAR。長年ワシントンDCのレストラン業界で働いてきたブエノスアイレス出身のマティアスさんと、アメリカ人の奥さんバネッサさんが、1年前にオープンしたお店です。

昆布と椎茸ベースの Go Green ラーメン。

昆布と椎茸ベースの Go Green ラーメン。

アメリカや日本のラーメン店を廻ってふたりが作り出したレシピは、とんこつスープラーメンと、昆布と椎茸ベースの野菜ラーメン。そして最近メニューに仲間入りした味噌ラーメンは絶品です。麺やスープはもちろん、前菜の餃子の皮、台湾風サンドイッチのバン、ローストビーフやポーク、デザートのアイスクリームサンドイッチまで全て自家製。卵の半熟度にもこだわっています。しかも材料の多くはオーガニック。ラーメンにアボカドが入っていたり、台湾風サンドイッチはキムチ入りのものもあったりと、ひとひねりしたメニューが新鮮です。替え玉も注文でき、好きなトッピングを追加することもできます。

台湾風バンは色々な種類があります。これはローストビーフにスパイシーソースでトッピングしたもの。

台湾風バンは色々な種類があります。これはローストビーフにスパイシーソースでトッピングしたもの。

アイスクリームもクッキーもラッピングも全部手作り。アルゼンチンでよく飲まれるお酒フェルネット・ブランカが、クッキーに少しだけ入っています。

アイスクリームもクッキーもラッピングも全部手作り。アルゼンチンでよく飲まれるお酒フェルネット・ブランカが、クッキーに少しだけ入っています。

店にテーブル席はなく、全席カウンター。一見すると、ニューヨークにありそうなバーといった感じです。壁はポップなグラフィティや日本の漫画ページなどが描かれ、マティアスさんが日本やニューヨークで集めたトイマスコットが並べてあったり、スケートボードのアートがあったり、和紙の電灯のデコレーションがあったりと、目も飽きさせません。

デコレーションも楽しめる店内

デコレーションも楽しめる店内

新しいものにあまりオープンでないアルゼンチンの人たちは、「え、スープパスタ?」「テーブル席がないって?」と尻込みするようで、保守的なアルゼンチンにラーメン文化を浸透させるのはなかなか大変そうですが、外国人のお客さんをはじめ、若い人たち、そしてセレブリティシェフたちが常連でやってきます。

ブエノスアイレスに来たら、ぜひ寄ってみてください!

住所や営業時間はこちらから:http://fukuronoodlebar.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中